※はかた国際工芸協会会員の梶原正二、緒方恵子の作品が展示されます。

第73回新作博多人形展が、2023年4月21日から7日間、伝統工芸青山スクエアの匠コーナーで開催されます。

昨年の第72回 新作博多人形展では、当会員の緒方恵子(作品「気多之前(けたのさき)」)が「中小企業庁長官賞」を、西山陽一(作品「蝶ノ舞~春うらら~」)が「福岡市長賞」受賞いたしました。。

>> 第72回新作博多人形展 当会員の緒方恵子、西山陽一が入賞しました

今年の新作博多人形展もとても楽しみです。

みなさまのお越しをお待ちしております。

第73回新作博多人形展

1.日にち: 2023年4月21日(金)〜 4月27日(木)

2.時間: 11:00 – 19:00 *初日は12:00から、最終日は18:00まで

3.主催: 福岡市、福岡市伝統的工芸品振興委員会

4.場所: 伝統工芸青山スクエア 特別展 匠コーナー
  住所: 東京都港区赤坂8-1-22 1F
  TEL: 03-5785-1301

*詳細は伝統工芸青山スクエアにご確認ください。

2023年4月21日:追記です。第73回新作博多人形展で、梶原正二の作品「花筏 はないかだ」が、博多人形商工業協同組合理事長賞を受賞しました。

第66回新作博多織展 第73回新作博多人形展
緒方恵子の新作博多人形展の作品「奏」です
緒方恵子の新作博多人形展の作品「奏」です

緒方恵子の新作博多人形展の作品「奏」です。

奏(そう)
縄文時代の遺跡から発見された 赤い漆塗の櫛
その高度な技術、なんとも言えない愛らしさを感じさせるデザイン
一目で魅了されました
こんな物を作るような生活をしていたのなら、きっと音楽もあったに違いない と考えたのが制作のきっかけです
音楽は形が無いので現代には残っていません
けれども人の根源的な感覚というものは、時を経てもそうそう変わるものではないと思います
奏でられていた音楽は、今の私達の耳にも心地良く感じるものだったかもしれません

緒方恵子の新作博多人形展の作品「国生み」です
緒方恵子の新作博多人形展の作品「国生み」です
緒方恵子の新作博多人形展の作品「国生み」です

緒方恵子の新作博多人形展の作品「国生み」です。

国生み
天地の初め、日本の国土はまだ稚く、水に浮いた
油のように ふわふわと海面を漂っており
高天原の神々は伊弉諾尊(イザナギノミコト)と伊奘冉尊(イザナミノミコト)に 
国土をしっかりと作り固めよと命じた
二神は天浮橋(あめのうきはし)に立ち 天瓊矛(あめのぬぼこ)を海へ差し下ろし、
こおろこおろとかき回す
そして矛を引き上げると、矛の先より滴り落ちた
塩が積もり自凝島(おのころじま)という島ができた
二神は島へ降り立ち、日本の島々と神々を生んでいく

先々月、なぜか「今これを作らなければ」と思い立った
完成した今、ご先祖様の誰かのリクエストに応えたような感じがしている

緒方恵子の博多人形を博多伝統工芸品オンラインショップでご購入いただけます

>> 博多伝統工芸品オンラインショップ

はかた国際工芸協会

ソーシャルプロフィール