垣内敬一人形 – 垣内ひさ子

垣内 敬一 人形・ひさ子



プロフィール: ひさ子

1949年 福岡県 津屋崎町 ( 現 福津市 ) 生まれ。
父である垣内敬一の遺志、人形の型を継ぐ。
幼少より粘土に触れ、特に型押しされた人形の仕上げが大好きでした。
彩色は下塗りまでしておりました。
15歳の時、人形の道を勧められるも別の道へ。
「したいと思ったときが一番だから、その時にしたらいいよ。」との父の言葉を胸にしまいつつ、今 やっと約束が少しずつ、果たせているかなと思っています。
「遅くなってごめんね」と心でつぶやきながら、誕生してくれるお人形たちにいちばんに癒されています。
喜んで待っている方もいて嬉しく思います。
これからも人形を作ってゆきたいと思います。
商標登録第5825168号
系譜: 垣内 敬一 ― すが子 ― 一彌 ― ひさ子




歴史:

父 垣内敬一、博多人形師 小島興一氏に師事する。
1949年 昭和天皇陛下 九州御巡業の際、二日市大丸別荘にて博多人形師として展示に参加する。
宗像大社の御用人形師として皇太子殿下(今上天皇)、清宮様へ翁面、お雛様遊び人形 献上。
香椎宮より秩父宮妃殿下へ獅子頭 献上。
1958年「ふぐ笛」― ブリュッセル万国博覧会 銅賞受賞。
1976年 日本国際見本市振興会より全国優良玩具認證 (第124号)
多数の作品が九州国立博物館に所蔵され、一部 展示、紹介されました。


作品名「ふぐ笛」ブリュッセル万国博覧会 銅賞受賞





作品展示歴:

2015年 垣内 敬一 展 (企画主催) ・ 藩校サミット・福岡マラソン・祝うたぁ友の会 展 ・博多の恵比寿さん 作品展
2016年 干支展・山笠展・手仕事展・国際歯学総会・福岡マラソン・ギャラリー京バラバラ三女展・お正月展
2017年 友の会 展 ・おくりもの展・箱崎人形飾り(箱崎公民館・箱崎小学校・筥松小学校)・熊本伝統工芸館 三人展・「あっと驚く、ARTで工芸」・友の会 キレイモノ展・で逢いにありがとう展 (企画.出展)・日本民藝館 公募展 応募(東京)
2018年 祝うたぁ 友の会 展・百面相展 狐面(ほろよい,カーニバル)・工芸に活きる展
2019年予定 1/31~2/5 企画展 (はかた国際工芸協会) はかた伝統工芸館
2019年予定 3/28~4/2 企画展 (はかた国際工芸協会) はかた伝統工芸館






作品名「もま笛(ふくろう)」




作品名「山笠」




作品名「いのしし鈴」




作品名「獅子頭(香椎宮)」